幣団体の理事長(吉野孝之 国立がん研究センター東病院消化管内科医長)が主導するCIRCULATE-Japanのプロジェクトが週刊新潮で紹介されました。

幣団体の理事長である吉野孝之が、主導する大規模な医師主導治験のプロジェクト、CIRCULATE-Japanが、週刊新潮(11月19日号 11月12日発売)で4ページにわたり特集されて、その取り組みや意義が紹介されましました。

CIRCULATE-Japanでは最新のリキッドバイオプシー解析技術を用いて、患者さん毎により高精度に術後の再発リスクを推定し、より適切な医療の提供することを目的としています。現在、国内外約150施設(台湾1施設を含む)が参加する、世界最大規模の医師主導国際共同臨床試験(GALAXY試験、VEGA試験、ALTAIR試験)を実施しています。

これまで、大腸がんの手術後には、病期(ステージ)から推定される再発リスクに応じて、再発を予防する目的で術後補助化学療法が標準的に行われてきましたが、患者さんによって薬の効果や副作用に違いがあり、特に末梢神経障害(手足のしびれ)が後遺症として残るという問題が、このプロジェクトによって解決できることが期待されています。

国立がん研究センターのCIRCULATE-Japanのリリース

週刊新潮のサイト

トップに戻る