理事長挨拶

昨今のがん診療は日進月歩であり、加えて多様化・高度化しているため、最新情報へのアクセスのニーズが高まっています。しかしながら、全国の医療従事者が最先端の医療情報にアクセスできる環境が整っているとはいいがたく、医療情報の地域格差が益々顕著であるように見えます。​​

この状況を打開すべく、がん診療の最先端にいる医師たちが主導し、全国の医療従事者へ積極的な働きかけをし、国民の健康と福祉に寄与したいと考えるに至りました。このような背景の中、2018年秋に22世紀先端医療情報機構(22CEMIT)を発足させました。​​

当団体は、IT技術を活用した、教育・メディア・イベント事業等をシームレスに展開することで、がん診療に関わるすべての医療従事者にタイムリーに最先端の医療情報を提供し、引いては全国のがん患者さんに世界で一番早く最善・最良の治療を届けることを、More than HAPPY を届けることを使命とし、ダイナミックに活動範囲を広げていきたいと思います。​​

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

一般社団法人22世紀先端医療情報機構 理事長​
国立がん研究センター東病院 消化管内科長
​吉野 孝之